人が辞める組織「様子を見る」


他の社員から不平不満が噴出している社員がいます。

いくら指導しても修正が効きません。

上司に相談し、面談をしてもらっても、効果はその時だけ。

しばらくすれば、元の木阿弥(もくあみ)になる。


にもかかわらず、上司の結論は決まってこうです。


「しばらく様子を見よう」


これで会議は終わり。

そして、何も変化が起きず、同じ議論の繰り返し。


こういうケースって、結局、何にも変わりませんよね。


ところで、このセリフ、医師から言われることがあります。

医師が投薬や治療を施してから

「しばらく様子を見ましょう」というケース。


これは、打つべき手を打った

つまり、「状況の好転に向けたアクションを実施済み」だから

これで状態が好転するか、変わらないか、悪化するかを

一定期間、観察し、その後、状況を再確認するという意味ですね。


ところが手に負えない社員に対する「様子を見る」という結論は

「状況の好転に向けたアクション」を決めずに言われたり

「状況が好転しなかったアクションを変えない」まま言われたりします。


「様子を見る」と発言した時点で

「何も変わらないだろう」と半ば諦めの気持ちが見え隠れしていませんか?


無策で状況が好転する

時間が解決してくれると期待しているとしたら

それは責任者がマネジメントを放棄しているようなものです。


こういう状況が続くと、社員から

「この会社(責任者)はダメだわ」と

三行半(みくだりはん)を突きつけられるのも時間の問題でしょう。


あなたの上司が「しばらく様子を見よう」と言ったら次の3つは確認しましょう。


1)これまでと違うどんな対策をするか

2)「いつまで」様子を見るか

3)「どんな基準」で「何」を観察するか


これが不明確だと、ストレスが溜まるだけですからね。


#人が辞める組織

#様子を見る

#問題を先送りしているだけ


閲覧数:186回