Q&H:注意しにくい職員がいるのですが、どうすればいいですか?

Question & Hint

 今回は、スポットコンサルでお寄せいただいた質問の中で、「注意しにくい職員がいる」というお悩みをピックアップしました。 


 管理職に就いたものの、自分よりも経験豊富な職員や、年上の職員に対して、気になる言葉遣い等を注意したいんだけれども、どうしても躊躇してしまい、注意するにしても、冗談っぽく笑いながら言うのが関の山。


 また、真剣に伝えようとしても、オブラードに包みすぎてしまい、相手は自分事として聞いていないので、まったく伝わらず、結果的に、相手の言動は何も改善されない。


 こんなことがありませんかね?


躊躇(ちゅうちょ)する背景は何か?


 「自分より経験が豊富」「自分より年齢が上」ということが、職員とのコミュニケーションでひっかかること、ありますよね。


 そこで躊躇するのは、何があるからでしょうか?

  • 嫌われたくない

  • 怒らせたくない

  • 辞められたら困る

 

 代表的なものはこんなところでしょうかね。


 強引に要約して言い換えると、『関係が壊れそうな気がする』ということなのかもしれませんが、実は逆の見方もできるのです。


 どういうことかというと、そもそもチーム内のパートナーシップが欠けていて、『既に、関係性が壊れている(関係性が機能していない)から、言いにくさが湧く』という見方です。


関係性がある(できている)という錯覚

 まず、大前提として、壊れない関係性はありません。

 いや、そもそも「関係性があるということが錯覚だ」といえばいいのでしょうか。


 というのも、「関係性」って目には見えないものですね。物理的な実態はありません。


 あるのは、自分が望むコミュニケーションが、毎回、期待通りのやり取りが再現されるていると、わたしたちは「関係性がある」と感じる感覚ではないでしょうか。


 あと、日本の場合は、異なる意見を示されない(示さない)ことでも、「関係性がある」と捉えるケースもありますね。


 いずれにせよ、関係って、いつでも誰とでも、すれ違うことはあるし、深まることもある。


 仮に関係が壊れたんだとしたら、やり直せばいいだけなんだけど、なんだか関係って、一度壊れると、もう修復できないもののように感じるから不思議ですよね。


 LEGO®︎みたいに、何度でも作り直せるもののはずなんだけど。


 そして、本題の「注意しにくい職員がいるのですが、どうすればいいですか?」という質問に戻ります。


 ヒントとして、見つめてみるといいかなと思うことは、以下の通りです。


  • 傷つけるために、嫌な思いをさせるために言うあなたはいるか?

  • その件以外に、その人に言えずじまいのことがあり、あなたの中で引っかかっていないか?

  • その件は言わないままで良しとできるあなたか?


 他もありそうですが、関係性と用件を分けるだけでも、扱いやすくはなりそうですね。


閲覧数:91回