「耳が痛いこと」を言う時、どうしてますか?

「これを言うと傷つくんじゃないか?」


 そう思って、言いたいことを言わずに飲み込むことってありますよね。


 例えば、「え・・・そんなつもりで言ったんじゃないのに・・・」というひと言で、相手が傷ついているということを聞くと、こちらもショックをうけますね。そんな、思いがけないひと言で相手が傷ついたって聞くのも、イヤなんだから、傷つくかもしれないなと思うことは、余計に言うことを躊躇しますよね。


 そう、きっと誰もが「誰かを傷つけなくないし、自分も傷つきたくない」はずなんです。


 だから、相手にとって耳が痛いことを言うのって、すごく気をつかうし、正直、言わなくていいなら言いたくないなと思うことだってあります。


 そして、言いにくいなぁって思うのなら、ひと言添えて、パートナーシップのある対話のセッティングをすればいいですよね。


前置き言葉でセットアップ

 傷つける意図じゃないんだから、それをいえばいいよね。


・もしかすると、言われてイヤな気持ちになるかもしれないけど、聞いてもらえるかな? ・ひょっとすると、耳が痛い話なのかもしれないけど、これから先のことを思って伝えたいんだけどいい?


 そんな風に、ひと言添えられても、一瞬、ドキッとするかもしれないけど、本題を切り出す前に心の準備ができるから、不用意に傷つけることは避けられるでしょうしね。


 こういうひと言で、「聞き耳のセットアップ」をするのも、パートナーシップのある関係を保っていく上での大切な要素のひとつです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

​特定商取引法に関する表示

© 2011-2020 Aprocreate all rights reserved.