• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2011-2019 Aprocreate all rights reserved.

Please reload

最新記事

パラダイムシフトコミュニケーション体験講座in大阪

2019/01/22

1/1
Please reload

​講演・セミナー情報

研修レポート:社会福祉法人 三幸福祉会

2018/02/02

 

2018年1月30日に兵庫県明石市にある社会福祉法人三幸福祉会の職員研修会にて、「理由を探る認知症ケア」を提供しました。19時〜21時という時間で、自由参加という条件にも関わらず、総合施設長を筆頭に、各種サービスに従事する75名以上の職員が参加してくださいました。

 

 

 

同法人は、特養、老健、ケアハウス、居宅介護支援、訪問看護、訪問リハビリ、訪問介護、デイサービス、デイケア、グループホーム、小規模多機能型居宅介護等、様々なサービスで市内の介護福祉サービスに貢献しておられる法人です。

(Webサイトはこちら http://seikaen.jp/

 

 

 

このような形で職員が学ぶ機会を提供しておられるそうで、介護の仕事に関わるテーマから、お金の使い方や、心身のリフレッシュを目的としたものまで、職員のことを考えて幅広いテーマの学びの場を提供されているようです。こんなに職員思いな法人なら、働いてみたいな〜と思える職場でした。

 

 

 

何より、印象的だったのは、3ヶ所の施設(グループホーム清華苑ポートピア、小規模多機能型居宅介護大久保苑、特別養護老人ホーム清華苑)を見学させていただいたのですが、どこの職員さんも、しっかりと目を合わせてご挨拶してくださったことでした。ついつい、忙しい現場で外部の人が見学に来ていると、挨拶もそぞろな感じになりがちなのですが、そういう印象をもたなかったどころか、むしろ好印象を抱きました。なので、研修に来られた職員の方々には、そのことの感謝と承認の言葉を直接伝えさせていただきました。ほんと、気持ちよかった^^

 

 

そして、今回の見学の意図は、「実際の現場の状況を照らし合わせた研修を行って、参加された職員の皆さんに貢献したい」というところにありました。その意味では、とても甲斐のある見学の時間をいただけたと思います。

 

 

 

そうして現場に入って、実際の状況に合わせたフィードバックと、活きそうな観点を伝えるような仕事を、もっと増やしていきたいな!と思える、とても有意義な時間でした。

 

 

 

今回、お招きいただいた社会福祉法人三幸福祉会の田村さん、見学で帯同してくださった大中さんはじめ見学を受け入れてくださった職員と利用者の皆様、そして、夜遅い時間にも関わらず研修でご一緒してくださった職員の皆様、ありがとうございました!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア