top of page

法人向けサービス

ホワイトボードルーム

リーダー支援

 現場経験の豊富な職員がリーダーに就くと、テクニカルスキル(業務遂行能力)で悩むことはなくとも、ヒューマンスキル(人間関係力)やコンセプチュアルスキル(概念化能力)で頭を抱えることがあります。
 リーダーにメンタルコーチ/アドバイザーをつけることで、実践の中で、結果を出しながらスキルを磨くことができます。
​ 他にも、コーチングセッションや研修等を通して、リーダーの考え抜く力、前に踏み出す力、チームで働く力を磨き上げ、組織が期待する成果を出せるように支援します。

リーダー支援
匿名写真2.png

N・M様
デイサービス管理者

 わたしにとって最大の成果は、「雇われ管理者」から「事業所の最高責任者」へと意識が大きくシフトしたことです。

 

コーチングを受けるまでは、「これくらいでいいだろう」という考えや、環境を言い訳にして「仕方がないよね」と諦めていたことがありました。

しかし、コーチングを受け始めてからは、【職場の雰囲気向上】と【売り上げ向上】のために、変えようがない環境を嘆くのではなく、自分ができることが何かを考え、そのことに全力を注ぐようになり、利用者数を1年で25%増やし、稼働率も20%以上向上でき、管理者として成長できたと思います。

 

 コーチングを受けさせてくれた会社には感謝しています。

匿名写真2.png

K・G様
特別養護老人ホーム施設長

 コロナ禍でデイサービス(定員35人)の稼働が回復せず、予算目標達成のためにコーチングを依頼しました。

 スタート時点は19人/日でしたが、1年後には30人/日へ到達。年間実績で振り返ると、新規依頼数も2年連続で50件前後でしたが、コーチがついてからは約2倍の90件以上に飛躍。実利用者数も、2年連続のマイナスから16人プラスへと大きく飛躍しました。

 こうした数字が伸びただけでなく、職員の意識も大きく変わりました。19人/日の稼働でも職員からは「人が足りなくてこれ以上受け入れできない」という声がありましたが、いまではそういう声もすっかりなくなりました。

 

来期には、稼働曜日を増やす計画です。

匿名写真2.png

M・D様
​有限会社執行役員

 私はこれまで経営幹部として売上、人材育成、人事、職場の環境づくりを考え模索していました。

 しかし、組織の中には経営者としての悩みを相談できる相手がいないので、セルフマネジメントが課題でした。

 そんな中で、ぺさんにリーダー研修を依頼したことをきっかけに、コーチとしてついていただくことになりました。

 セッションでは自分自身の課題、組織の課題、それらに対する自分の取り組みを振り返り、整理する時間を与えてもらいました。

 月1回のセッションですが、毎回、「緊急性は低くて、重要度が高いこと」に具体的にどう取り組むか?を見直す時間になっています。

 これからも自分や組織をより良くしていくための伴走者として支えていただければと思います。

​3ヶ月未満離職予防支援

 令和2年度の介護労働実態調査によると、約87%の事業所が「採用が困難である」と回答していますが、実は介護職の離職率は年々低下傾向にあります。
 しかしながら、人の入れ替わりが激しい職場(特定のフロアで顕著なケースも含む)では、採用の困難さともあいまって、採用コストがかさむ傾向にあります。
 そうした職場には、教育体系が整備されていない問題のほかに、コミュニケーション風土(質)に問題があるケースが珍しくありません。作物も、土壌が悪ければ、育つものも育ちませんので、コミュニケーション風土にアプローチする形で支援します。

チェックリスト
3ヶ月未満離職予防支援
患者と看護師

​認知症ケア支援​

 これからの事業運営では、中重度の利用者への支援がカギになりますが、その中には認知症をお持ちの方が多く含まれます。つまり、認知症ケアの質が評判や業績に直結するということです。
 サービスを紹介する立場の相談員やケアマネジャーにとっては、紹介先のサービスの質が低ければ、自分の評価を下げることにも繋がります。質の高いサービス提供は、新たな新規利用者獲得の前提条件と言えます。
 また、働く職員にとっても、根拠のないその場しのぎの対応や、行動制限が当たり前になっている職場では、働き続けることに嫌気がさしてきます。そのような職場では、採用も定着も健全化するはずがありません。
 利用者に向き合う職員の「あり方」を整え、理由を探るアセスメント力を身につけ、一人一人の利用者に適したケアが編み出せるように、【研修】【個別ケース相談】で職員を支援します。

認知症ケア支援

相談員・ケアマネジャー支援

 相談員・ケアマネジャーは、サービス利用開始の要となる人材です。最初の相談受付の対応一つで、利用に繋がらなくなることもあれば、全幅の信頼を得ることもあります。
 
ケアマネジメントプロセスの全ての段階で、利用者・家族の信頼を得ること、ケアチームや関係機関との連携の要として活躍することが求められますが、職種として少人数である場合が多く、学ぶ機会も得られないまま、自分のスキルに不安を持っている声も耳にします。
 現場の実践経験を元に、相談援助技術の向上につながる研修やコーチングを通して、相談員・ケアマネジャーがチームの要として最大限のパフォーマンスを発揮できるように支援します。

シニア介護者
相談員・ケアマネジャー支援
bottom of page